FC2ブログ

宇宙の用語集まとめ - 宇宙のスケールに魅せられて

宇宙のスケールに魅せられて ホーム » スポンサー広告 » 宇宙 » 宇宙の用語集まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙の用語集まとめ

悠吉です★
前回、衝撃の動画を発見し、興奮冷め止まない今日この頃です。
(衝撃動画の記事へ)

現在、私は宇宙に関する本(知識ゼロからの宇宙入門 [ 渡部好恵 ])を少しずつですが、読んでいます。
一から、宇宙の魅力やさまざまな迫力有る写真、へえええ!と思えるようなスケールの大きい情報が
分かりやすく記載されています。

ですが、義務教育で学ぶような単語はさすがに説明されていません。まあそこまで書いてたら
分厚い本になってしまい、価格も上がってしまいますからね・・・
そこで、本を読むにあたって、出て来た専門的?な用語を自分なりに調べて、メモ(書きなぐり)して
行きたいと思います。
自分で調べて、解釈していますので、間違いがありましたら、ごめんなさいm(_ _)m
定義や例外等は、専門的なサイト様にお任せします!

~用語集~

公転
物体Aが物体Bを中心に円運動をしている事。
地球が太陽の周りを回っている(公転している)説明に良く出てきます。

公転周期
物体Aが物体Bを一周するまでの時間。
地球の公転周期は約365日です。

自転
物体が自身の軸を中心に回転する事。(コマみたいな動き)
地球も太陽の周りを公転しながら、自転しています。

自転周期
自転で一周にかかる時間、地球の自転周期は約24時間。

光の速度
秒速約30万キロ これ知ってると何気にかっこ良くないですか?

○○光年
光の速度で進んだ時にかかる年数。光は秒速約30万キロなので、地球から10光年先に有る星へは、
365日×24時間×60分×60秒×300.000キロ×10年=約94兆6千億キロ
さらりと10光年の近い星~とか文章で出てきますが、キロにするととんでもない数字になります。

恒星
自分の力で光っている星、太陽が恒星

惑星
自分では光れない星、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星が良く知られています。

衛星
惑星の周りを回って(公転)している星、月は地球の周りを回っている衛星。

太陽系
太陽を中心に水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個の惑星が有り
惑星を回る150個ほどの衛星、その他小さな無数の小惑星や彗星で構成された軍団。

銀河
沢山の星の集まり、宇宙にはいくつもの銀河が有り1000万から100兆個くらいの星で構成されている
太陽系も銀河の一部、銀河が県で太陽系が市みないな関係。

天の川銀河
太陽系が有る銀河。



かなり説明分が個人的ですが、悠吉のメモだから仕方ないか、という広い心で見てやってください。
また、ここはこう言った方が良いよ!とか、これはこういう意味じゃなくて、こうだよ★など
有りましたらじゃんじゃんコメント下さい(優しくお願いします(。>ω<。)ノ)
これからどんどん用語集も追加して行きます!

では、今回はこの辺で!悠吉でした☆彡

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。