宇宙のスケールに魅せられて

宇宙のスケールに魅せられて ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

100均で手作り天体望遠鏡 | 400円で作成、準備編

手作り望遠鏡 完成品の紹介

こちらが今回、100円均一で全て材料を揃えた
天体望遠鏡です。この望遠鏡の凄い所は私のような
まったくの素人でもとりあえず30分程で完成し
結構良く見える!望遠鏡の原理を勉強しながら
作成出来るので今後の天体生活に活きる!しかも
子供さんがいるならお父さんの株が上がる!良い事
尽くしなのです。


宇宙に興味を持ち始めてまだ日が
浅いのですが、星の事や星座の事を調べていくと
やっぱり直に見てみたくなります。


しかし、素人目に見るとやはり天体望遠鏡となると
敷居が高くてちょっと見てみたいくらいでは
使わなくなった時に勿体無いよなぁと思っていました。


そこで、原理も何も分からないけど自分でも作れるかも?
と思って調べてみました!それが結構あるんです
しかも100円均一で作れちゃうんだから
びっくり。


作ってみて面白かったり、もっと大きく鮮明に見たい!
という欲求が出てきたら本物を買おうと決めて
作成に挑んでみました。今回の記事はそちらの
様子を紹介したいと思います。


今回作り方を参考にさせていただいたのは
初心者にも分かりやすく丁寧に紹介されて
いて、望遠鏡の原理からおすすめの望遠鏡
まで初心者には心強いサイトとなっています。
是非一度足を運んで見てください。


手作り望遠鏡 《準備した材料》

・黒いカラーボード2枚
・老眼鏡(2,0度)
・ルーペ
以上の4点ダイソーで購入し432円(税込)
その他セロハンテープは、まあ有ると思うので
省いてます。


今回、上記サイトを参考に作成したのは、
屈折式望遠鏡となります。屈折式とは
対物レンズ(老眼鏡)で天体をとらえて
老眼鏡の先(筒の中)に出来た虚像を
接眼レンズ(ルーペ)で大きくして観察する方式です。
その他反射式望遠鏡も有りますが知識が無いので
スルーします、初心者なので許してください。


長くなってしまったので、一旦ここで切ります。
次の記事では作成手順や、月を見た時の画像を
紹介します。




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

美しい星の宇宙ネタ | 金星 Venus(ビーナス)

金星 鏡のように光輝く金星

金星と言えば、夕方に見える「宵の明星」、明け方に見える「明けの明星」で知られています。明るく輝いて目立つだけあって見た事が有る人も多いのではないでしょうか。認知度が高ければ話題に上がる機会も多いはず、少し読んでいただければ引き出しの多い物知りの称号がもらえるかも!?(画像出展:NASA/JPL)

奇跡の星地球になれなかった金星

金星は地球のすぐ内側を回っています。大きさは直径12,000kmとほとんど地球と同じ大きさ、質量も地球の5分の4、星の核になる部分の物質もほぼ同じ。形は地球そっくりなのですが、美しい物には棘が有ると言われる通り近づくと火傷します。

美しい物には棘が有る

金星gif 金星が明るく見えるのは、光を反射しやすい白に近い大気で覆われているからです、太陽からの光を80%近く反射し美しく見えるのですが、宇宙はそんなに甘くありません・・・美しいからといって地球のような綺麗な大地が広がっているわけではなく地上は二酸化炭素の大気に覆われ温室効果によって気温が470度まで上昇し熱が逃げないので水星のように冷えません。

また大地には標高の高い山もあるのですが、「スーパーローテーション」と言われる秒速100mを超える暴風が吹いています。しかも空に浮かぶ雲は濃硫酸になっていて宇宙からの隕石を溶かしてしまうほど。地球にそっくりな金星ですが、人類はもとより生物さえ生まれるには厳しい惑星になっています。

金星名前の由来

水星の記事でも書いたのですが、五行説から明るく白く光る金の要素から金星と名付けられています。そしてVenus(ビーナス)としても有名ですが、こちらは明るく輝く美しい星という事からギリシャ神話から美の女神ビーナスが用いられているのです。

★神話をもっと知りたい方

星座と神話がよくわかる本

金星に関してはまだまだワクワクするようなネタがあったのですが、私のまとめる力が無く紹介出来ていません、もっと記事を書く力を身に着けて第二弾、第三弾と紹介して行きたいと思います。今回も「そうなんだぁ」「へえぇぇ」と思っていただけたら嬉しく思います。

ぜひデート前に読みたい水星のネタも読んで引き出しの1つに加えて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

本当に待ってた!VRで360度の宇宙体験!スマホ対応JOY VR宇宙の旅人

CEATEC JAPAN2016「Iotタウン」のタカラトミーブースに宇宙に興味が有る人にとっては夢のおもちゃ!もはやおもちゃと呼んで良いのか分かりませんが宇宙旅行を疑似体験出来る商品が公開されました。

メーカーによる紹介動画がこちら(2分23秒)

すごい迫力です、ついにここまで来たかって感じですね、正直私は買いますね、発売は12月との事だったので、自分へのクリスマスプレゼント(。>ω<。)ノ疑似体験とはいえ、目の前に星や惑星、宇宙が広がる世界を見れるのは素敵です。

「JOY!VR 宇宙の旅人」には4つのモードを搭載

・太陽系クルーズモード

宇宙船に搭載されたナビによる宇宙太陽系や宇宙空間を旅するモード、目の前に360度の宇宙が広がり迫力ある惑星を堪能出来る

・惑星探査モード

月や火星に降り立ち、探査機に乗ってクレーターやでこぼこした道を走って体感出来る

・宇宙遊泳モード

地球を見下ろしながら、ゆっくりと宇宙を満喫出来る

・プラネタリウムモード

季節毎の星座を360度宇宙の世界で見て回れる


12月発売なので、まだメーカーサイトにも詳しくは出ていませんでしたが、本体にスマホをセットして専用アプリで楽しめるらしいです。とりあえず宇宙の事は良く分かんないけど買ってみようと思う方は、少し宇宙について知っていればさらに楽しめるはずです。

一度は宇宙旅行を夢見た事が有ると思います、写真で見る美しい星、星座や惑星に憧れを抱いた事もあるのではないでしょうか、少なくとも私はそのうちの一人でした。購入したらまたここでレビューを書いてみたいと思います。早く12月にならないなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。